内 科 外 科 整形外科 リハビリテーション科
精神科/神経科/心療内科 脳神経外科 耳鼻咽喉科 眼 科
泌尿器科 小児科 薬 局 臨床検査科
▼ 内科

呼吸器系医師、循環器系医師、糖尿病専門医に加え、循環器系内科医を外部より招き、診療しています。

外来では、消化器疾患、神経疾患、一般内科の診療に当たっています。

 

 ▼ 外科

外来診療は、週1回、火曜日午前のみです。

 

 ▼ 整形外科

整形外科での急性期疾患は、大腿骨近位骨折、脊椎圧迫骨折椎間板ヘルニアなど。

慢性疾患は、変形性膝関節、脊椎症、胸部脊柱管狭窄症が多く、エビデンスをもって適切に判断・治療を行っています。

 

 ▼ リハビリテーション科

当院のリハビリテーション科では、主に整形外科疾患、内科疾患、精神科疾患を対象に、急性期から維持期に至る患者様に幅広くリハビリテーションを実施しています。地域の特性上高齢者率が非常に高く、できるだけ早期に自宅・社会復帰できることを目標にリハビリテーションを提供しています。また、必要に応じて自宅訪問を行い住宅改修や福祉用具のアドバイスを行う、地域の健康教室に参加して介護予防に努めるなど活動しています。

スタッフ

理学療法士3名
作業療法士1名
リハビリ助手2名

診療時間

午前  8:30~12:00(受付時間 8:30~11:30)

午後13:30~17:15(受付時間13:30~16:45)

※土日・祝日は行っておりません

 理学療法室

物理療法室

作業療法室

 ▼ 精神科/神経科/心療内科

原則、予約心療です。詳細はお問い合わせください。

 

 ▼ 脳神経外科

脳神経外科とは脳・神経系に起きるさまざまな疾患を診断・治療する科です。
毎月第2火曜日午後3時30分から香川労災病院 院長吉野公博先生の外来診療を行っています。
MRIやCT検査が可能で香川労災病院と連携し質の高い治療が受けられるシステムになっています。
気軽になんでも相談できる先生ですので頭痛や眼痛・首の痛み・めまい・言葉のもつれや手足しびれといった症状にお悩みの方は一度診察を受けられることをお勧めします。

診療日程

毎月 第2火曜日

午後3時30分~

 

 ▼ 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のうち視覚を除いた四つの感覚に深くかかわっている診療科です。
毎週火・金曜日に香川大学附属病院の各専門分野でご活躍の先生方が診療を行っています。
手術などが、必要な場合でも香川大と連携をしていますのでご安心ください。
また、補聴器も第1・3の金曜日午後より受け付けています。
ご希望の方は、耳鼻科の受付にご相談ください。

外来診療日

受付時間 診察時間
8:00~11:30 8:45~      
13:30~16:45 14:00~      

補聴器

第1と第3金曜日 14時~

予約が必要ですので、必ず予約をとってください。

 

 

 ▼ 眼科

毎週金曜日(午前中)に白井眼科の先生が診察に来られています。
眼に関すること、気になる事があれば一度、受診をしてください。
特に糖尿病の方は網膜症予防のため、定期的に受診することをお勧めします。

眼の病気について

白内障 水晶体が白く濁り、見えにくくなる病気
緑内障 視神経がいたんで、視野が欠けて行く病気
ドライアイ 涙の異常によって、目を中心にさまざまな不快症状があらわれる病気
加齢黄班変性 網膜の中心である黄班部がいたみ(障害され)、視力が低下する病気

その他、アレルギー性結膜炎 ・流行性角結膜炎(はやり目)・麦粒腫(ものもらい)
 逆まつげ、近視、遠視、乱視、老眼・網膜剥離・糖尿病網膜症・飛蚊症などがあります。

 

 ▼ 泌尿器科

毎週金曜日午後3時から香川労災病院と三豊総合病院より泌尿器科医師をお招きし、外来診療を行っています。
どんな症状があったら泌尿器科を受診したらいいのか代表的な病気と症状を説明します。

前立腺肥大症

男性だけの病気です。
・おしっこが出にくくなる。
・回数が多くなる。
・勢いがない。
・おしっこをした後でもスッキリしない。

前立腺癌

男性だけの病気です。
・初期では自覚症状がありません。
・PSAという血液検査で発見できますので健康診断を受けましょう。

膀胱炎

女性に多い病気です。
・おしっこする時痛い。
・すぐに行きたくなる。
・残った感じがする。

尿道炎

・下着が膿で汚れる。
・おしっこする時痛い。
風俗店に行った後にこういう症状が出ると治りにくい細菌による場合もありますので早めに受診しましょう。

腎・尿管結石

・急に背中や横腹がものすごく痛くなる。
・赤いおしっこが出る。

過活動膀胱

・急におしっこがしたくなり我慢できない。
・漏れてしまう。
・再々行きたくなる。

尿失禁

・おしっこするつもりがないのに出てしまう。
原因によっていろいろな治療法がありますので相談に来てください。

膀胱癌

・突然痛くないのに真っ赤なおしっこがでる。
痛くないから心配ないと思わないですぐに受診してください。

あくまで代表的な症状ですので、他の症状もあります。
一人で悩まず悪化する前に受診をお勧めします。当院で治療困難な場合は香川労災病院・三豊総合病院にてより詳しい検査や治療がスムーズに受けられるシステムになっています。

 ▼ 小児科

4月から、第2・第4の金曜日午後より小児科外来を行っています。

四国こどもとおとなの医療センターの先生が診療します。

小児の診療時間内であれば急な発熱時にすぐに対応できます。また、重症時は医療センターと

連携し紹介します。

 

        診  察  日  第2・第4 金曜日

                     受付時間  13:00~15:45  (受付は総合窓口)

                     診察時間  13:30~16:00

                     診療場所  検診センター

 

       診療内容

                     予防注射   原則予約制です。病院に電話をして予約をお取り下さい。

                   *対応できる予防接種

       ヒブ・小児用肺炎球菌・B型肝炎・4種混合・2種混合・水痘・ロタリックス1価・

       おたふくかぜ・ 麻しん風しん混合(1期)(2期)・日本脳炎・日本脳炎特例・

       インフルエンザワクチン

  検   診
       1歳までに無料で受けられる乳児一般健康診査

       *健診にくる時は、緑色の乳児一般健康診査受診票と母子手帳、保険証等住所が

        確認できる物が必要

   一般診療

        小児科医が診察している時間帯のみになります。

        *受診する時は 子資格者証、健康保険証を持参して下さい。

 

      小児外来以外の日は、診察はできませんので予めご了承ください。

 

 ▼ 薬局

病院の基本理念に基づき、質の高い医療を提供するため、医師、看護師をはじめとする医療スタッフと連携を密にし、医薬品の適正使用の推進、医療安全の確保、薬物療法の適正化に努めています。

【主な業務】

内服薬調剤、注射薬調剤、薬剤管理指導業務、医薬品情報管理、医薬品の購入・供給・保管、等の業務を行っています。

【各種委員会への参加】

医療安全管理委員会、医療安全推進委員会、褥瘡予防対策委員会、患者サポート委員会、感染防止対策委員会、等に参加しています。

【患者様へ】

  安全で有効な薬物療法を行うためには、患者様の正しい理解と、協力が欠かせません。
  お薬についての疑問や不安に思うことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 ▼ 臨床検査科

【基本方針】

当院の掲げる基本理念である地域に密着した病院として住民のの健康・福祉に貢献するため、正確な検査を迅速に臨床へ提供する事を目標とし、日々技術と知識を向上させるべく、取り組んでいきます。

【主な業務内容】

臨床検査は検体検査と生理検査に大きく分けることができます。
検体検査は患者様の血液や尿、便などを用いて行う検査であり、生理検査は患者様の身体に検査機器を直接装着または接触させて行う検査です。

「検体検査」

生化学検査 血清・血漿中の蛋白質、脂質、酵素、電解質などの成分を調べる検査です。
血液・凝固検査 白血球数や赤血球数を調べたり、出血を止める能力を調べたりする検査です。
免疫学的検査 感染症(B型・C型肝炎ウイルス、HIV、梅毒など)や腫瘍マーカーを調べる検査です。
一般検査 尿中の蛋白、糖、潜血などの成分を調べたり、顕微鏡下にて尿中成分を目視で確認したり、便中に血液が混ざっていないか調べたりする検査です。

「生理検査」

心電図検査 心筋梗塞や不整脈など心臓に異常がないか調べる検査です。
超音波検査 当院では主に腹部超音波検査を行っています。腹部超音波検査は肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓に異常がないか調べる検査です。
呼吸機能検査 肺活量、一秒率などを測定し、肺機能に異常がないか調べる検査です。
脳波検査 てんかんなど、脳に異常がないか調べる検査です。
聴力検査 難聴などの異常がないかを調べる検査です。

【患者様へ】

検査の待ち時間、検査内容への不安、検査結果の見方などでご不明な点がございましたら、気軽に声をおかけください。